--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-07-17(Tue)

カード詐欺、慈善団体への「寄付」で有効性を確認

 セキュリティ企業の米Symantecは7月6日、インターネットで盗んだカード情報を使って慈善団体へ寄付するケースが頻繁に起きているとブログで報告した。

 同社によると、盗んだカード情報が実際に利用できるかどうかを確認するために、こうした手口が用いられているのだという。

 オンライン詐欺者らは、赤十字などの著名な慈善団体に、盗んだカード情報を使って小額の寄付を行う。

最新クレジットカード情報は・・・<% key
%>ランキング
からご覧下さい。




寄付がうまくいくかどうかで、カード情報の有効性を確認する。

 このような手口が広がっているのは、慈善団体への小額の寄付であれば、クレジットカード会社に怪しまれにくく、カード所有者も見落としがちだからだとSymantecは指摘している。
サイバー犯罪への苦情、100万件に
詐欺に関する苦情、被害総額は110億ドル――FTC報告書
【クレジットカード】に関連する最新記事はこちら
【Symantec】に関連する最新記事はこちら

(引用 livedoorニュース)




【送料無料】グレーダックフェザー100%羽根掛布団3枚セット シングル スカイブルー×ネイビー...



タグ:
スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

最新クレジット情報一覧
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。