--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-07-02(Mon)

<チャイコフスキー国際>バイオリンで神尾真由子さん優勝

 【モスクワ大木俊治】若手音楽家の登竜門として世界的に知られ、13日からモスクワで開かれていた第13回チャイコフスキー国際コンクールの審査結果が29日夜(日本時間30日未明)発表され、バイオリン部門で神尾真由子(かみおまゆこ)さん(21)=大阪府豊中市出身=が優勝した。同部門での日本人の優勝は第9回(90年)の諏訪内晶子さん以来。前回(02年)は同部門で川久保賜紀(たまき)さんが1位なしの2位に選ばれており、事実上、日本人が2大会連続で最高位に輝いた。
 同コンクールの演奏・声楽部門で日本人の優勝者は4人目。前回ピアノ部門で上原彩子さん、前々回(98年)は女性声楽部門で佐藤美枝子さんが優勝しており、3大会連続で日本から優勝者を出す快挙となった。
 神尾さんは29日の最終選考で、チャイコフスキーのバイオリン協奏曲、シベリウスのバイオリン協奏曲を演奏。終了後、会場からわき起こった大きな拍手はしばらく鳴りやまなかった。
 会場で優勝が発表されると、それまで緊張した面持ちだった神尾さんはガッツポーズを取り、祝福に駆けつけた人たちと抱き合って満面に笑みを浮かべた。

最新リュ情報は・・・<% key
%>ランキング
からご覧下さい。




「本当にうれしい。モスクワに来てからずっと落ち込んでいた。逃げ出さず最後まで弾いてよかった」と喜びを語った。
 神尾さんは4歳からバイオリンを始め、小学4年生だった96年に第50回全日本学生音楽コンクール(毎日新聞社主催)全国大会の小学校の部で1位になった。97年から本格的な演奏活動を始め、98年のメニューイン国際バイオリンコンクールのジュニア部門では最年少の11歳で入賞。その後、米国、英国、フランス、ロシアなど世界各地で公演を重ね、ロシア国立管弦楽団、BBCフィルハーモニー管弦楽団、プラハ・フィルハーモニー管弦楽団などと共演。国際的にも高い評価を受けている。現在はスイスのチューリヒ在住。
 今年のコンクールではこのほか、チェロ部門で日本生まれ(現在はカナダ国籍)の山上薫(やまがみかおり)さん(25)が、入賞に次ぐ「特別賞(ディプロマ)」を受賞した。
 バイオリン以外の今年の各部門の優勝者は次の通り。▽ピアノ=該当者なし▽チェロ=セルゲイ・アントノフ(ロシア)▽声楽(女性)=アリビナ・シャギムラトワ(ロシア)▽同(男性)=アレクサンドル・ツィムバリュク(ウクライナ)
 ◇チャイコフスキー国際コンクール ロシアの国民的作曲家、チャイコフスキーを記念して1958年に創設され、4年に1度モスクワで開催されているが、今回は資金難や準備不足のため1年延期された。演奏・声楽部門はピアノ、バイオリン、声楽、チェロの4部門で行われる。ベルギーのエリーザベト・コンクール、ポーランドのショパン・コンクールと並ぶクラシック界の登竜門。ほかに弦楽器製作部門がある。
(引用 yahooニュース)




アラン・ブリュモンガスコーニュ・ブラン[2006]



タグ:
スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

最新クレジット情報一覧
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。