--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-06-24(Sun)

デスクサイドで使える省スペース型ネットワークスキャナ「ScanFront 220P」――キヤノン

 キヤノンマーケティングジャパンは、オフィス利用向けの省スペース型ネットワークスキャナ「ScanFront 220P」を発売する。

●小型・簡単操作を実現したドキュメントスキャナ

 キヤノンマーケティングジャパンは6月21日、省スペースボディを採用するネットワーク対応ドキュメントスキャナ「ScanFront 220P」を発表、7月下旬より発売する。標準小売価格は26万400円(税込み)だ。

 ScanFront 220Pは、オフィス内におけるチーム単位でのデスクサイド利用を想定した“チームスキャナ”のコンセプトで設計された新型コンパクトスキャナで、8.5インチタッチパネル液晶による簡単操作が特徴だ。スキャン画像の確認のほか、送信先の設定(フォルダ/FTP/メール/USBメモリ)もGUIインタフェースから行える。セキュリティ機能として指紋認証センサを標準で搭載するほか、パスワード認証も設定可能で、サーバ認証としてはNTLM V2とKeyberos認証をサポートしている。また、ユーザーごとの送信先登録/送信制限機能を備えており、万一の誤送信などを未然に防止することもできる。

最新クレジットカード情報は・・・<% key
%>ランキング
からご覧下さい。






 読み取りセンサはCISで、A4から名刺サイズまでの混在原稿スキャンを行える。0.06ミリ厚の薄紙だけでなく、0.76ミリ厚以下ならば免許証やクレジットカードのスキャンにも対応する。また、斜行補正や白紙スキップ、裏写り/地色除去機能、PDF出力機能なども利用できる。

 生成可能なファイル形式はPDF/TIFF/JPEGで、PDFファイルは高圧縮/テキストOCR付きPDF/暗号化PDFをサポートする。なお、本体内蔵のWebサーバを利用するため、クライアントPCからリモート設定が可能だ。

 スキャン速度は片面カラー時で9枚/分、片面モノクロ時で26枚/分、両面カラー時で9面/分、両面モノクロ時で35面/分(ともにA4縦/200dpi時)だ。本体サイズは収納時で310(幅)×234(奥行き)×158(高さ)ミリ、利用時で310(幅)×545(奥行き)×220(高さ)ミリ、重量は約3.2キロとなっている。
PFU、Word/Excel連携機能を装備したコンパクトスキャナ「ScanSnap S510」
今度のSateraは“小さな実力派”――キヤノン「Satera MF4150」
“全部入り”で“速い”A4モノクロレーザー複合機を試す――キヤノン「Satera MF6570」
キヤノン、カラーレーザー/レーザー複合機6製品を投入
【キヤノン】に関連する最新記事はこちら
【ドキュメントスキャナ】に関連する最新記事はこちら
【スキャナ】に関連する最新記事はこちら
【指紋認証】に関連する最新記事はこちら
【OCR】に関連する最新記事はこちら
【PDF】に関連する最新記事はこちら

(引用 livedoorニュース)




ローキャビネット 茶色 2扉 【中国家具】 W104xD30xH44cm



タグ:
スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

最新クレジット情報一覧
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。