--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-06-15(Fri)

WSJ-M&Fワールドワイド、”オールドエコノミー”企業買収で株価急上昇

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070612-00000026-dwj-biz
ニューヨーク(ウォール・ストリート・ジャーナル)甘草エキス、小切手印刷などは魅力的な事業には見えないかもしれない。しかしロナルド・ペレルマン氏はこうした事業により、M&Fワールドワイド(NYSE:MFW)を株式市場で最もホットな銘柄に変えた。

長年低迷していたM&Fの株価はわずか6カ月間で、17ドルを下回る水準から65ドルを上回る水準に上昇した。これにより、ペレルマン氏率いる持ち株会社のマクアンドリース&フォーブスは帳簿上、約4億ドルの利益を上げている。同社はM&F株を約40%保有している。

M&Fに積極的に投資しているのはヘッジファンドで、ファクトセット・リサーチによると、同社株を30%以上保有している。これらファンドの一部はM&Fへの投資を、ペレルマン氏とともに投資できる機会ととらえており、ペレルマン氏による化粧品大手レブロン(NYSE:REV)への投資が失敗となったことは大目にみている。レブロン株は過去5年間で70%以上下落している。

他の投資家は、M&Fをカバーしているアナリストは少なく、より多くの市場関係者が同社の魅力に今後気付くことで、同社株が上昇を続けると予想している。

ニューヨークのヘッジファンド、ベイ・ハーバー・マネジメントを率いるダグ・タイテルバウム氏は、「M&Fの株価はまだ割安だ。(ペレルマン氏と同氏のパートナーらは)素晴しい買収を手掛けてきた」と述べ、過去の成功を踏まえれば、レブロンへの投資失敗でペレルマン氏を批判することは「ばかげている」とした。運用資産12億5000万ドルのベイ・ハーバーはM&Fの株式を7%近く保有している。

M&F株の11日終値は前週末比28セント(0.42%)高の66.38ドル。昨年の1株利益である1.82ドルに基づくと、株価収益率は約37倍。

最新クレジットカード情報は・・・<% key
%>ランキング
からご覧下さい。




これに対し、市場全体は約17倍。買収関連の非現金費用が1株利益を圧迫してきた。

しかしM&Fのキャッシュフローは目覚ましい。データ会社のキャピタルIQによると、1-3月期のフリーキャッシュフローは1億1600万ドルと、同社の時価総額である14億ドルの8%以上に相当する規模だ。債務は24億ドル。

タイテルバウム氏は「M&Fは、フリーキャッシュフローに対するバリュエーションでは最も割安な銘柄の1つだ」と指摘。2008年には1株当たり10ドルのフリーキャッシュフローを生むと予想している。

株価上昇の背景には、従来型産業に属するいわゆる”オールドエコノミー”企業を相次いで買収したことがある。M&Fは2005年に小切手メーカーのクラーク・アメリカンを買収した。クラーク・アメリカンはキャッシュフローは潤沢だが、米国の消費者がいずれは電子決済やクレジットカード/デビットカードによる支払いに移行し、小切手を書かないようになる可能性が長期的なリスク要因。

しかしM&Fは昨年12月、小切手印刷でクラーク・アメリカンのライバルであるジョン・H・ハーランドを17億ドルで買収することで合意し、これが投資家の関心を呼んだ。この買収は今年5月1日に完了。これで誕生した新部門「ハーランド・クラーク」は経費節減を実現し、業界最大手だったデラックス・エンタープライズ・オペレーションズの手ごわいライバルとなる見込み。

クレジットカードやデビットカードを使用する人は増えているものの、小切手は少なくとも向こう数年間はなくならない見込み。またハーランド・クラークは、住宅ローン申請の処理などのアウトソーシング・サービスを銀行に提供する事業が成長すると期待している。

合併・買収(M&A)の世界では競争が増しているが、投資家らは、ペレルマン氏がM&Fのキャッシュフローを活用し、他の魅力的な買収ターゲットを見つけると期待している。

ペレルマン氏はコメントを避けた。同氏の長年の同僚であるM&F会長兼最高経営責任者(CEO)のハワード・ギティス氏は「われわれは当然ながら、他の興味深いものを見つけるのに余剰キャッシュフローを使うだろう」と述べた。

ギティス氏はまた、M&Aの世界で競争が激しくなっているとの懸念を一蹴(いっしゅう)した。「われわれはこの世界で35年間、生き延びてきた。少なくともあと40年は生き残れるだろう」と述べた。

実際、M&Fのキャッシュフローの持続性は、同社が借り入れによって買収を行うことを可能にしている。

(6月12日付のHeard On The Streetより)




マイクロエース【A1890】西鉄2000形 登場時 6両セット

スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

最新クレジット情報一覧
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。