--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-06-15(Fri)

「2007年度はアウトソーシング市場の伸びに期待」-JEITAが市場規模調査発表

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070615-00000095-myc-sci
国内の情報システムベンダー11社で構成される電子情報技術産業協会(JEITA)は14日、2006年度の「ソフトウェア・ソリューションサービス市場規模調査」の結果を発表した。SI開発、ソフトウェア、アウトソーシング各市場規模合計は5兆3,850億円で、前年度比1%の微増となった。JEITAソリューションサービス事業委員会委員長で富士通総研常務の伊藤大挙氏は「SIの生産性を高めるなどの課題はあるが、アウトソーシングやソフトウェア市場は堅調を維持している。個人的には、2007年度のアウトソーシング市場の伸びは5%に達すると見ている」との見解を披露した。

調査の対象となったのは、JEITAに加盟するセイコーエプソン、沖電気工業、シャープ、東芝、日本IBM、NEC、日本ユニシス、日立製作所、富士通、松下電器、三菱電機の大手情報システム関連ベンダー11社。JEITAでは、「これらの企業の動向を見れば、ソフトウェア・ソリューションサービス市場の大まかな流れはつかめるのではないか」(専務理事の吹譯正憲氏)とする一方、「組み込みソフトなどの市場規模は反映されていない」(同)としている。

最新アプリケーション情報は・・・<% key
%>ランキング
からご覧下さい。






2006年度の分野別内訳を見ると、コンサルティング、システムインテグレーションなどのSI開発は2兆4,189億円で前年度比6%減、アプリケーションパッケージ、ミドルウェアなどのソフトウェアは7,689億円と同12%増、アウトソーシングは同7%増の2兆1,972億円となった。SIの伸び悩みについて伊藤氏は「事業モデルの過渡期にあり、ビジネスのやり方が変わってきていることが影響している。事業契約の結び方などの改善をする必要がある」と述べた。アウトソーシングについては、「『自前でシステム開発をするよりもプロに任せたほうがいい』との企業の意識変革が背景にある」と指摘した。

また、サーバーやワークステーション、パソコンなど、JEITA加盟企業の2006年度ハードウェア市場規模が前年度比1%増の2兆4,380億円だったことを挙げ「ソフトウェア・ソリューションの市場規模はこの倍に達している」と強調、技術革新によるハードウェアの価格下落により、ソフトウェア・ソリューション市場の比重が一層増していくとの見通しを示した。

JEITAでは、景気回復や企業のIT活用の広がりなどにより、2007年度の同市場規模が前年度比2~3%増の5兆5000億円になると予測。特にアウトソーシング市場について伊藤氏は、「個人的には5%程度の伸びを示すのではないかと見ている」との見解を披露した。

取材画像はこちら
http://journal.mycom.co.jp/news/2007/06/14/013/

NEC、中堅向けERPの成長戦略 - 販売、サポート強化、3年で1200億円目指す
http://journal.mycom.co.jp/news/2007/06/06/032/

電子情報技術産業協会(JEITA)
http://www.jeita.or.jp/

[マイコミジャーナル]




【送料無料】アドビシステムズ Web Premium 3 日本語版 WIN 通常版

スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

最新クレジット情報一覧
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。