--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-06-06(Wed)

不動の女王13カ月ぶり復活V/女子ゴルフ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070528-00000048-nks-golf
<女子ゴルフ:広済堂レディス>◇最終日◇27日◇千葉広済堂CC(6333ヤード、パー72)◇賞金総額6000万円(優勝1080万円)
 強い不動裕理(30=フリー)が帰ってきた。通算10アンダーで今季初勝利を飾った。アプローチが好調で7バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの68をマーク。2位の横峯さくら(21)らに5打差をつけ、06年4月のライフカードレディス以来のツアー通算41勝目を挙げた。41勝は森口祐子(52)と並ぶ通算勝利数歴代5位となる。6年連続賞金女王に君臨した当時の輝きを見せた復活劇だった。
 涙はなかった。不動は18番で1メートルのバーディーパットを決めると、笑顔で右手を2度上げるいつものポーズ。「1年間は長く感じていない。ただ若手が台頭し、ベテランも優勝している。私も仲間に入れてうれしい」。1年ぶりの優勝を、こう表現した。
 首位スタート。今度は負けるわけにはいかなかった。

最新岡本綾情報は・・・<% key
%>ランキング
からご覧下さい。




前々週のヴァーナルレディスで全美貞に4打差を追いつかれ、プレーオフで涙をのんだ。「何度も同じことをしていると『あいつは駄目』と言われる」。8番でバンカーショットに失敗し、ダブルボギー。横峯、阿蘇に並ばれたが、そこから2連続を含む5バーディーと圧巻のラウンドが始まった。
 昨季は序盤に2勝も、その後低迷した。優勝へ向かう気力が減退していたのが原因だった。前年05年は賞金女王にはなったが、24試合で6勝。ランク2位の宮里藍は19試合で6勝。「内容が違う」と敗北宣言した。不動の心の中では宮里が実質的な女王で、この時点で連続賞金女王へのこだわりがなくなったとみる関係者もいた。
 しかし、ファンの後押しは続いた。「成績が悪くなったら応援の声も減るかなと思ったが、逆に『次がある』と励まされた。ファンには感謝したい」。用具メーカーとの契約を解消、自由なクラブ構成を選んだ。アプローチの上達にも取り組んだ。素振りのように軽い気持ちで打つことで、イメージをつかんだ。昨年末にはボクシングトレを行い「スポーツ選手は手先まで感覚を厳しくしないといけない」ことを学んだ。
 今大会は節目の出場250試合目。勝率は1割6分4厘と、2位岡本綾子の1割3分9厘を引き離してトップだ。不動は「最低の時期は乗り越えたと思う。主役ではなく脇から、女子ゴルフ界を盛り上げていきたい」と言った。薄れていた勝利への意欲を取り戻し、復活の階段を駆け上る。【三角和男】




DVD 天国は待ってくれる プレミアム・エディション (7/25 発売予定)

スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

最新クレジット情報一覧
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。