--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-05-23(Wed)

塩沢ときさん、4度目がんに力尽く

 奇抜なヘアスタイルと過激な言動で人気を博した女優の塩沢とき(本名・塩沢登代路=しおざわ・とよじ)さんが、17日午前3時23分、胃がんのため都内の病院で亡くなった。79歳だった。18日に所属事務所の東宝芸能が発表した。個人の遺志により葬儀は近親者による密葬で済ませた。後日、お別れの会が開かれる予定。 所属事務所によると、昨年4月に胃がんの疑いで都内の病院に入院。胃の全摘出手術を受けたが、胃壁の中で広がっていくスキルス胃がんで肺や腎臓など全身に転移していたという。 体調が落ち着いた11月に一時退院。自宅静養を続けていたが、今年2月に再び悪化したため再入院していた。塩沢さんは身寄りがなく、最期は家族同然の信頼関係で結ばれていたマネジャーにみとられ、静かに息を引き取ったという。 がんと闘い続けた人生だった。30歳で舌がんが見つかり、放射線手術で克服。バラエティー番組に引っ張りだこだった56歳の時には右乳がんに侵され、乳房を約400グラム切除する大手術を受けた。

最新芸能情報は・・・<% key
%>ランキング
からご覧下さい。




その後もタレント活動を続けたが、04年に今度は左乳房にがんが再発。両方の乳房を失った。 しかし翌年には舞台「桜の園」で復帰。会見では、「乳房を温存する方法もありましたが、外見に構わず、迷わず取ってもらいました」と明るく話していた。 戦後間もない47年に東宝の第2期ニューフェースに合格して芸能界入り。50年の映画「女三四郎」でデビューした。「うれし恥かし看板娘」(54年)で初主演を果たしたが、主役を張ったのはこれ1作。以降は脇役一筋の女優人生を歩んだ。 転機を迎えたのは84年。フジテレビ系の昼のトーク番組「いただきます」に出演すると、巨大なヘアスタイルと過激な下ネタトークで一気にお茶の間の人気者になった。 乳がんを患った後は仕事を続ける一方で、執筆や講演活動で、病魔と闘う人々を勇気づけてきた。最後の仕事は、昨年2月放送のフジテレビ系2時間ドラマ「新・細腕繁盛記」。同年9月の舞台も決まっており、本人も楽しみにしていたが、胃がんが見つかったためけいこに入る前に降板。それでも最後まで「仕事をしたい」という気持ちは衰えなかったという。 ◆塩沢 とき(しおざわ・とき)本名・塩沢登代路(とよじ)。1928年4月1日、東京・新宿区生まれ。実践高等女学校(現・実践女子学園)卒業後、47年に東宝第2期ニューフェースに合格。50年に映画「女三四郎」で女優デビューし、「武蔵野夫人」「大学のお姐ちゃん」などに出演。84年からバラエティー番組やドラマを中心に活躍した。

(引用 livedoorニュース)




アリゾナ直輸入!スモーキークォーツ・カメオのシルバーブレスレット

スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

最新クレジット情報一覧
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。