--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-09-26(Wed)

米CP市場に回復の兆し、正常化には時間

 [ニューヨーク 24日 ロイター] 市場関係者によると、米国のコマーシャル・ペーパー(CP)市場には、このところ回復の兆しがみられるものの、正常化には時間がかかるとの見方が多い。CPレートは、数週間前の水準から低下。米連邦準備理事会(FRB)など主要国の中銀も信用収縮への対応に動いている。
 ただ市場関係者は、CP市場では今後も慎重なムードが続く公算が大きいと指摘。高いCPレートを嫌って、他の資金調達手段を利用する企業が増えるのではないかとの見方もある。
 ビアンコ・リサーチの債券ストラテジスト、ハワード・サイモンズ氏は「警報は意外に早く解除された。おそらく危機は脱したと思われる。ただ、問題が解決したわけではない」と指摘。
 ラッセル・インベストメント・グループの短期投資担当ディレクター、マーク・アンバーソン氏は「依然として前途は多難だ」と述べた。
 24日の資産担保CP(ABCP)レート(1日物)は5.32%で、前営業日の5.26%から上昇。通常のCPレートは、総じて横ばいだった。
 CPは、多くの企業にとって欠かせない短期資金調達手段。米国のCP発行残高1兆9000億ドルの約半分は、クレジットカード債権やモーゲージなどを担保とするABCPとなっている。

最新クレジットカード情報は・・・<% key
%>ランキング
からご覧下さい。





 CP市場は、サブプライムローン(信用度の低い借り手向け住宅ローン)問題に端を発する世界的な信用収縮の影響で打撃を受けている。
 ノルトLBのシニアディレクター、エドワード・ウェーバー氏は「特に欧州では、一部の投資家がABCPを投資対象から外した。四半期末でエクスポージャーを持ちたくないという投資家もいる」と述べた。
 今週は、期末を控えてリスク資産を保有したくないとの理由で、ABCPが売られるとの見方もある。
 ただ市場回復の兆しは数多い。数週間前との比較ではレートは低下しており、FRBの大幅利下げで地合いも改善。期間1日を超えるCPには買いが入っており、ABCP発行残高の減少ペースは週間ベースで鈍化している。
 ただウェーバー氏によると、買われているのは主に期間1カ月未満のCPで、期間1カ月以上のCPは買い手が少ない。
 また、アンバーソン氏によると、発行体の選別も厳しくなっており、借り手の「流動性リスク」を重視する傾向が強まっている。
 アンバーソン氏は「市場が正常に戻るとしても、これまでとは違った『正常』になる」と述べた。 
 CP市場に慎重なのは投資家だけではない。ABCPの発行を見送り、銀行融資など伝統的な資金調達手段を選ぶ企業も出ている。
 FRBが20日公表したデータによると、米CP市場は6週連続で発行残高が縮小。
 サイモンズ氏は「直接市場から資金を調達するのではなく、伝統的な手法で資金を借り入れる企業が出ている」と述べた。
(ロイター日本語ニュース 原文執筆:Neil Shah、翻訳:深滝壱哉)

(引用 yahooニュース)




【良好】ルイヴィトン ショルダーバック☆ルコ☆ M51155



タグ:
スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
最新クレジット情報一覧
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。