--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-08-22(Wed)

Red5はLinux足りえるか

「Red5って第二のLinuxなんですか?」
唐突にそんな質問をとある広告代理店の方にされて一瞬返答に詰まったことがある。




「確かにオープンソースだし、その可能性は否定できませんよね」
あまり優秀な返答とは言えない答え方をしてお茶を濁した。このときは本当にどうなるかわからないというのが正直なところだった。むしろ、あまりにも市場が小さいのでそんな大仰なものにはなりそうもないように思えた。

説明が前後してしまったがRed5とは簡単に言うとJavaで書かれたFlash Media Serverのクローン。FMSとほぼ同様の機能を実装している。FMSを利用するには高額なライセンス費が発生するのに対してRed5はオープンソースで提供しており、個人レベルでFMSのコミュニケーション機能やFLVのストリーミング配信を行うことができる。
先の広告代理店の方はオープンソースということ、そして動画配信の需要が増えることを予想して第二のLinuxと言われたのだろう。動画配信にかかわる立場であればこの質問に対してある程度明確な答えを出しても良いところだが、そのときはFMSの機能にそこまでの需要があるとは思っていなかった。

最新youtube情報は・・・<% key
%>ランキング
からご覧下さい。





なぜなら世の中の主流となっている動画投稿サイトはYouTubeをはじめとして、9割がたはFLVをダウンロードさせて再生させる擬似ストリーミング形式を採用している。ぱっと思いつく限りストリーミング形式を採用しているのは国内のAskビデオとGoogle Videoくらいだ。
ストリーミングを採用する理由として著作権が発生するコンテンツをローカルにダウンロードさせない為と長尺の動画を効率よく、即時に指定した場所から再生させる必要があるときの二つが挙げられる。

前者の著作権の配慮についてはFLVのストリーミングは十分ではない。コンテンツ保護に必須である(あった)DRM機能が無い。コンテンツプロバイダーは未だDRMを条件としているところが多数である。そういった意味でも現状はコンテンツ配信はWindows Mediaの採用が多い。
そして後者の即時の頭だしを前途とした長尺ものの配信は実はそこまで多くない。最近だとヘアシーダの音声認識などはそれに当たるがレアケースと言える。(音声を認識して即座に指定映像を表示させるにはFMSが必要)

前者、後者ともマイノリティで現状配信されているFLVはほとんどが擬似ストリーミング形式なのである。このことを考えるととても第二のLinux程ではない。さりとて長尺の映像配信や特殊なプロモーションでの需要はあり、ニッチ市場として形成されていくのであろう。

続きはFPNニュースコミュニティで



(引用 livedoorニュース)




アイアールティ&nbsp;e動画録画【税込】 Eドウガロクガ-W(ラナツプ) [EドウガロクガWラナツプ]...



タグ:
スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

最新クレジット情報一覧
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。