--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-08-22(Wed)

Twitter

「Twitter」というブログサービスは、ユーザーが「自分が今何をしているのか、自分に何が起こっているか」を書くだけという、実にシンプルなアイデアで展開されている。140文字以下でユーザーの考えるところ、やっていること、近況報告などが延々と垂れ流されているブログなのである。

日本でメガヒットしたブログだが、各々の日記を友人たちと共有(シェア)することに高い関心を集め、、「mixi(ミクシイ)」は日本最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)という地位を確立した。そのような「mixi至上主義」の中で、Twitterは日本の小さなブログサービス「市場」で早いうちからリードしてきたが、日本語のインターフェースのオプションすら搭載されていない!

このサービスの知名度はかなり低いが、その一方で日本のユーザーの書き込み数は著しく高い。例えば、ランチタイム後の東京のユーザーたちによる「今さっき食べたもの」に関する書き込みの多さはそれ自体が見ものだと言えよう。

最新youtube情報は・・・<% key
%>ランキング
からご覧下さい。




Twitterの人気は携帯ウェブの爆発的普及、もしくはインスタントメッセージのプラグインが簡単にできることに理由があると分析することもできるが、より詳しい調査から携帯ウェブはこの現象にまったく関係がないとわかった。インスタントメッセンジャーは日本では広く普及してはおらず、ユーザーがTwitterに携帯から登録するには、イギリス本部の電話番号へショートメッセージサービスを使ってメッセージを送らなくてはならない。そんな手間のかかることを日本のユーザーが積極的に利用することはなかった。このことから、日本のTwitterユーザーは世界中にいるほとんどのユーザーと同様、単に家や職場のパソコンから書き込んでいるということがわかる。

Twitterは、日本のネットユーザーが自分たちのニーズに合わせられるような「使いやすい・わかりやすい」英語サイトであるため、「YouTube」と同種の地位を獲得する準備が整っているように見える。もしくはHaru.fmのように国内のモバイルタイアップでさまざまな企業にコピーされて再生産されるであろう。しかし、1つだけ言えることは、「最新テクノロジーに精通している日本のユーザーは単純なものやスピード、機能性重視のために日本語インターフェースを必要としていないということを、Twitterによって改めて明らかにされた」ということである。

(引用 livedoorニュース)




パソコンソフト アイアールティ【税込】e動画録画【デジタル0702】



タグ:
スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

最新クレジット情報一覧
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。