--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-08-16(Thu)

[CNET Japan] [夏休み特集:2007]読者ブロガーが注目した2007年上半期ホットトピック

 昨日、一昨日と、2007年上半期にもっとも読まれた記事のランキングをご紹介した。今回はCNET Japan読者ブログのエントリの中から、もっとも良く読まれた記事を紹介する。編集部や記者の目線とは違う、読者ブロガーの鋭い視点や論説をお楽しみ下さい。Second Life、PS3が持つ可能性とは 2007年1月から4月の間には、上半期に大きな話題となった関西テレビの「あるある大事典」問題やSecond Life、苦戦が報じられるソニー・コンピュータエンタテインメントのPLAYSTATION 3(PS3)などを扱ったものがランクインした。2007年1月から4月までの人気記事ランキング 記事タイトルブログタイトル1第2の波では組織、第3の波では個人が主体に 夢幻∞大のドリーミングメディア 2君臨すれども管理せず----「2ちゃんねる」はどこに行くのか IT's Big Bang! 3セカンドライフ人気、7つの理由 KNNエンパワーメントコラム 4second lifeの7つの不人気に対する反論 SEO経営 5Googleのホームページバブル崩壊 SEO経営 6iPhoneにはどんな工夫があるのかな? 通信を続けて25年 7CES 2007で米国のアダルトビデオ業界はHD DVDを支持 坂本多聞のインサイドアウト 8結局、PS3が売れるという構図 夢幻∞大のドリーミングメディア 9PS3が生き残るには Life with Mac and more. 10IE7にアップグレードを促すメールにご用心! M.Gのセキュリティブログ@CNET  もっともよく読まれたのは、ブログ「夢幻∞大のドリーミングメディア」の記事「第2の波では組織、第3の波では個人が主体に」だ。番組内で架空の実験データなどを使い問題となった「あるある大事典」の話から、テレビ局をめぐる時代の変化を鋭く突いている。テレビ局を話題にしているが、メディアに関わるすべての人間が謙虚に受け止めなければならない指摘がなされている。 ランキングにはSecond Lifeにまつわる記事が2つランクインした。「セカンドライフ人気、7つの理由」を書いたKNN神田氏は7月の参議院議員選挙に出馬し、Second Life内で演説するなど、Second Lifeを活用した取り組みを続けている。 nobunagaou氏の記事「second lifeの7つの不人気に対する反論」は、ITmediaの岡田有花記者の記事「Second Life“不”人気、7つの理由」を元にSecond Lifeに感じる可能性について述べる。 Second Lifeは7月13日に日本語版が登場し、操作メニューが日本語化されたことで日本のユーザーには少し利用するための敷居が下がり、Second Lifeに関する書籍も相次いで発行されている。また、携帯電話から利用できるサービスなども登場し、仮想世界自体がブームになっている感がある。ただ、CNET Japan オンラインパネルディスカッションでも指摘されているように、現状のSecond Lifeのままでは受け入れにくいという人が多いのも事実。新しいウェブのプラットフォームの1つになるのか、動向を注意深く見守りたい。 同じく記事が2本ランクインしたのがPS3をめぐるものだ。

最新youtube情報は・・・<% key
%>ランキング
からご覧下さい。




任天堂のWiiに大差を付けられている中で、どのように次の戦略を描いていくべきか。「夢幻∞大のドリーミングメディア」の「結局、PS3が売れるという構図」はBlu-ray Disc機能が鍵を握っていると指摘し、「Life with Mac and more.」の「PS3が生き残るには」はAppleとの提携という大胆な提言をしている。関係者の皆さんにはぜひ、ご検討いただきたい。 なお、次世代光ディスクの覇権をめぐっては、「坂本多聞のインサイドアウト」が「CES 2007で米国のアダルトビデオ業界はHD DVDを支持」という記事で、HD DVDの状況を紹介している。Blu-ray Disc、HD DVDとも、現在はまだプレーヤーやディスクの価格が高く、普及のブレイクスルーとなる製品は見えてきていない。読者ブログの夏は、DoCoMo 2.0の夏 つづいて、5月から7月までのランキングを見ていこう。10位までのうち、4本がNTTドコモのキャンペーン「DoCoMo 2.0」にまつわるものだった。「Web 2.0」に始まる2.0ブームにドコモまでもが参戦し、他キャリアに反撃を宣言したことが読者ブロガーに驚きを与えたようだ。2007年5月から7月までの人気記事ランキング 記事タイトルブログタイトル1Linuxはなぜシェアを伸ばすか? ふつうの人の ふつうのLinux 2NTT ドコモのDoCoMo 2.0 自爆 CM「反撃してもいいですか?」の傲慢とカン違い Heaven's Net is Wide-meshed 3ビリーズ・ブート・キャンプがヒットした4つの理由 More Interactive E-Commerce 4DoCoMo2.0に見る情報格差の現実 インフラコンサルティングの最前線 5着エロというエロティシズム アート資本主義 6ドコモに移転ゼロ? イントラネットの夜明け 7Appleが日本を軽視する理由 Life with Mac and more. 8工人舎 SH6シリーズその2 おやじのちょっとユビキタス 9「そろそろ書いてもいいですか」---DoCoMo2.0のプロモーションに思うこと IT's Big Bang! 10youtube_4f40.html">YouTubeの今は無修正エロサイトの時代 SEO経営  DoCoMo 2.0の「そろそろ反撃してもいいですか?」というキャッチコピーについては、「Heaven's Net is Wide-meshed」の「NTT ドコモのDoCoMo 2.0 自爆 CM「反撃してもいいですか?」の傲慢とカン違い」、「イントラネットの夜明け」の「ドコモに移転ゼロ?」や「IT's Big Bang!」の「「そろそろ書いてもいいですか」---DoCoMo2.0のプロモーションに思うこと」で相次いで疑問が呈されている。 一方、「インフラコンサルティングの最前線」の「DoCoMo2.0に見る情報格差の現実」では、DoCoMo 2.0の内容が多くの人に伝わっていないのではないかという指摘もなされた。 契約数の増加状況を見ると、5月から7月まで3カ月連続でソフトバンクモバイルが1位となっている。純増数がキャリアの競争力のすべてではないが、DoCoMo 2.0の反撃が他キャリアを脅かすという状況にまではなっていないようだ。 1位となった「Linuxはなぜシェアを伸ばすか?」は、今後Linuxパソコンが一般ユーザーに広まり、シェアを拡大していくと複数の根拠をもとに主張している。Windows中心のPC業界が今後どう変わっていくかを考える上でも、大きな参考になる記事だ。 「More Interactive E-Commerce」の「ビリーズ・ブート・キャンプがヒットした4つの理由」は、DVDの出荷本数が100万本を超える大ヒットとなったビリーズブートキャンプの人気の要因を分かりやすくまとめている。商品マーケティングにかかわる方にはぜひ一読いただきたい。 このほか、なかなか編集部のニュースでは登場しない、エロティシズムに関するトピックも注目を集めた。「アート資本主義」の「着エロというエロティシズム」はエロティシズムをめぐる時代の変化や社会での位置付けを考察。「SEO経営」の「youtube_4f40.html">YouTubeの今は無修正エロサイトの時代」はYouTubeに違法動画が数多く存在している状況は、インターネットの創世記に近いと指摘している。 書き手の視点や意見が強く表れる読者ブログでは、旬なトピックを独自の視点で切り取り、明確な主張をしているブログが人気を集める傾向にある。また、ソーシャルブックマークサービスで話題になる記事も多い。 CNET Japanでは自分の意見やビジョンを読者ブログで語って頂けるブロガーの方々を募集している。我こそは、という方にはぜひブロガー募集ページからご応募いただきたい。関連記事Second Life日本語版、ついに登場--メニュー日本語化で使いやすく - 2007/07/13 18:44:01

(引用 livedoorニュース)




200万画素Webカメラ、オートフォーカス機能搭載 カールツァイス社製ガラスレンズ採用、静止画...



タグ:
スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

最新クレジット情報一覧
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。