--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-08-05(Sun)

2025年までに地球上で日食・月食の見られる場所マップ



アメリカ航空宇宙局NASAのサイト内にて、日食や月食が地球上のどこで見られるのかを示したマップが公開されています。日本だと、次に日食が見られるのは2008年8月1日、月食は今年の8月28日だそうです。

なお、文中の日付はすべて協定世界時(UTC)基準になっています。

詳細は以下の通り。
まず、以下の地図は太陽が完全に隠れてしまう皆既日食を見られる場所。日本では2009年7月22日に南西諸島あたりで見られるようです。ちなみにその次の機会になると2035年9月2日で、21世紀中に日本では合計4回皆既日食を見ることができます。


次は、太陽が細いリング状に見える金環日食。2012年5月20日に関東から九州、沖縄にかけて広く見ることができそう。


日食の経路両端で金環日食、中央あたりで皆既日食になるものは金環皆既日食といい、次回は2013年に観測されるようです。

最新youtube情報は・・・<% key
%>ランキング
からご覧下さい。




これは日本では見られません。

月食は日食に比べて発生頻度は低いのですが、発生するときはどこからでも見られます。次の発生は8月28日。


以下がNASAの日食・月食についてのサイト。

NASA - Eclipse Home Page

・おまけ

皆既日食のムービー。
youtube.com/watch?v=iuTr-K5dlxU" target="_blank">YouTube - エジプト皆既日食2006年


月食ムービー。
youtube.com/watch?v=5PHKcabVq6s" target="_blank">YouTube - Lunar Eclipse in Timelapse


・参考リンク

日食 - Wikipedia

月食 - Wikipedia

・関連記事
NASAが毎日美麗な画像を提供する「IMAGA OF THE DAY」 - GIGAZINE

NASAの超美麗な壁紙いろいろ - GIGAZINE

2018年、NASAは月面基地を建造するために月へ再び行きます - GIGAZINE

NASAの最新スパコンは1024個のCPUと4TBのメモリを搭載 - GIGAZINE

太陽光電池で飛行するNASA製航空機「Helios」 - GIGAZINE

月から帰還する宇宙飛行士も旅行者と同じく「税関」を通る - GIGAZINE

月に流星体が激突、新たなクレーター発生 - GIGAZINE

MSNBCが選ぶ2006年を振り返る写真 - GIGAZINE

ロシア、2009年に火星の月へ - GIGAZINE


記事全文へ

(引用 livedoorニュース)




【XactiでYouTubeを始めよう】SANYO 防水デジタルムービーカメラ・ザクティ (ブライトイエロー...



タグ:
スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

最新クレジット情報一覧
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。