--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-07-23(Mon)

ローランドがインフラ再構築 NetScreenを統合セキュリティ装置へリプレース

 ジュニパーネットワークスは7月12日、電子楽器メーカーのローランドがファイアウォールとして統合セキュリティ製品「Secure Service Gateway(SSG)500」シリーズを導入したと発表した。ローランドはネットワークインフラの再構築に当たり、従来導入していたジュニパーのファイアウォールアプライアンス「NetScreen」を置き換えた。新しいネットワークは1月よりカットオーバーしている

 ローランドでは、インターネット公開用サーバを置くDMZ、子会社やグループ会社向けの共有サーバを置くネットワーク、社内ネットワークの各セグメントを分けるファイアウォールとしてNetScreenを10台以上利用していた。

 今回、同社は全社規模でネットワークインフラを再構築するに当たりネットワーク構成を見直し、これまでのファイアウォール構成をインターネットとDMZ/内部セグメントを中継するセグメントを隔てる外部ファイアウォール、共有サーバと社内ネットワークを隔てる内部ファイアウォールの二重構成に変更。

最新youtube情報は・・・<% key
%>ランキング
からご覧下さい。




外部用に「SSG 520」、内部用に「SSG 550」をそれぞれ新たに採用した。

 SSGシリーズは、ファイアウォール/VPN、IPS(不正侵入防御)機能とWANルーティングの機能を併せ持つ中~大規模サイト向けセキュリティアプライアンス。ローランドでは機器選定の理由として、SSGがNetScreenよりもパフォーマンスが優れている点を挙げている。また、SSGがNetScreenと共通のOSを搭載し、管理インタフェースが統一されているため、運用の負荷を軽減できたとしている。ローランドでは今後、SSGをVPN装置としても利用する予定。
別途ルータはいりません――ジュニパーが中規模向け新セキュリティアプライアンス
ジュニパー、UTMとWAN接続を一体化した「SSGシリーズ」に新製品
仕事中のYouTubeもWinnyも見える化、ジュニパーがセキュリティOSの最新版
【アプライアンス】に関連する最新記事はこちら
【ファイアウォール】に関連する最新記事はこちら
【運用管理】に関連する最新記事はこちら
【UTM】に関連する最新記事はこちら
【VPN】に関連する最新記事はこちら

(引用 livedoorニュース)




操作はワンクリックのみ!「YouTube」の動画を「iPod」で楽しめる!デネットuPod



タグ:
スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

最新クレジット情報一覧
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。